ダンゴ釣り巨匠工藤昇司名人爆釣!!

江田島マルケン渡船さん。

10月4日にはダンゴ釣りの巨匠・工藤昇司名人が来られました。

最近ちょっとシブい江田島ですが、いつも通りの大爆釣(-。-;)

さっすが!!

001 002

 

マルキューチヌフェスティバルイン瀬戸内 渡辺靖さん優勝

10月4日日曜日、防波堤フカセ釣りの王者を決める、マルキューチヌフェスティバルイン瀬戸内
石丸敏文名人、南康史名人を抑えて、世界のナベヤスこと渡辺靖さんが2匹長寸88センチオーバーで優勝した。
32

 

強いはずだよ渡辺さん。実はあの瀬戸内のカリスマ大知昭さんの愛弟子の一人なのだ!!
優勝者インタビューです。
インタビュアーは現在チヌグレともに最強の呼び声の高い小松和伸名人。

5
レディース賞の女性アングラーの皆さま

4
特別賞をゲットした小学生アングラー

1
マルキュー社の豪華景品。

DSC00722
来年こそは!!と参加者の皆さまは燃えていました☆

10月3日 江田島マルケン渡船の釣果

4日にチームチヌパラチャンピオン宮家くんに挑戦する坂本さんが気合入れて前釣りです。

11224818_721133238016777_217162201521363256_n
明日の勝負頑張って下さいね~♪

12118857_721133181350116_2872811078657551375_n
米本さんも美味しそうな真鯛をゲット~
12144649_721133221350112_7010017876943169492_n 12144903_721133208016780_268206467338893073_n

 

CHINUPARA THE FINAL

当社が発行しています

チヌ釣り師のチヌ釣り師によるチヌ釣り師のためのフリーマガジン チヌパラダイス

ですが、シーズン20で
合計24回発行という目標に到達、これを機に紙媒体発信を卒業する事となりました!!

2015-09-29 21.06.57

フェイスブックページの読者登録数にあたる「いいね!」も1万を超え、
ツイッターも6万いいねを維持、
さらにLINE@という新技もマスターしました(笑)

YOUTUBEももうちよっと頑張れそうです。

まあ、一応、Instagram、G+もやっておりますが、このへんはもちょっと修行。

そんなこんなでSNSの環境も整ってきましたし、期は熟した!!と感じました。

と、言う事でチヌパラ公式サイトも新設し、
古参サイトチヌ釣り王国も同時にリニューアルいたしました。

これら全てを駆使して「チヌ★パラウェブメディア」として
チヌ釣り界の発展、モラル向上に尽力して行くぞーーーーと一人盛り上がっています(笑)

つきましては、

最後の定期発行便チヌパラ CHINUPARA THE FINAL 完全無料サービスを実施します!!

チヌパラシーズン20 完全無料配送

ご遠慮なく、ドシドシお申し込み下さいね<m(__)m>

チヌパラウェブ
FaceBook https://www.facebook.com/ChinuPara
Twitter  https://twitter.com/ChinuPara
LINE@    http://line.me/ti/p/%40chinupara

チヌパラサイト http://www.chinuparadise.com/
チヌ釣り王国広島 http://kurodaisanpei.com/

キザクラ社さんのKz ポロシャツ 好評発売中♥

かっけぇポロシャツがキザクラさんから発売されていて、超気に成っています。

抜群の吸汗速乾生地でサラサラ感をキープ。UVカット&消臭機能付き。
シンプルな飽きのこないデザインでサイズも豊富にラインナップ。

オヤジ臭プンプンの世代には嬉しい消臭機能付き!!( ´艸`)
1

2

 

まるきんさんのウェブショップでセール中なりよ!!
>>  キザクラ Kzポロシャツ Kz-PS1 レッド

ポロシャツに使用されている、生地の吸水実験をされている動画があります!!
すごか~☆☆

まるきんさんのウェブショップでセール中なりよ!!
>>  キザクラ Kzポロシャツ Kz-PS1 ブラック

大知渡船さんの9/26-28の釣果情報

レジャーフィッシング社さんの取材や宮島筏のかかり釣りも好調だったみたいですよ~

みなさん、いい笑顔ですね~

ヒロト君がデカイアイゴもってるね~(笑)

12033743_992824297458662_2117326847_n 12064365_993368900737535_1560839772_n 12076978_993364594071299_838341282_n 12081332_993365037404588_230523513_n

真鯛連発!! 9/26~9/28 のマルケン渡船

今週のマルケン渡船は、真鯛が絶好釣!!

なかには、止まらずにどうにもならない様な大型をかけた人もいましたよ~

両良型です
両良型です
サビキ釣りとみゃく釣り
サビキ釣りとみゃく釣り
爆釣!!
爆釣!!
フカセ釣り
フカセ釣り
二ケタ!!
二ケタ!!
ダンゴ釣り
ダンゴ釣り
65センチ
65センチ
オカズ勢揃い★
オカズ勢揃い★

TEAM CHINUPARA 柴山隆さんの釣行

昨日、宇品、プリンス一文波止に、釣りに、いきました!しかし、坊主くらいました!

久しぶりのフカセで、チヌをかけましたが、痛恨ノバラシ、あがってれば52.
54ぐらいは、あったと、思います!

悔しい😠💢!リベンジします!
4708

4707

4709 4710

最近、新波止ができてから、チヌの食いが、渋いです!新波止がないときは、年中二桁は、釣ってました!今は、一枚だすのに、苦戦してます(笑)

宇品には、新波止、長波止、小波止、白灯台の、波止があります!
今回はそのうちの、長波止におりました!

大知渡船さん 2015年9月のシルバーウィーク

大知渡船さんのところもシルバーウィークみ~んな楽しそう!!
12048560_990309297710162_686953252_n
名手峯本くんも親子でチヌゲット!!!

11909803_990309284376830_182342604_n
チビギョ競争???

12016425_987869877954104_1684427341_n
良型のグレが釣れてます!!!

12023196_987866551287770_1346657025_n
宮島の筏も好調ですよ~

12026524_986391448101947_1781456326_n
レジャーフィッシングさんの取材で女子大生にチヌ釣り指導された大知昭塾長!!!
うらやましい~(///∇//)

2015年9月シルバーウィークのマルケン渡船

マルケン渡船さんでJFTの黒鯛ダンゴ釣り王座決定戦
がおこなわれました。
優勝したのは、道明 宝さん❕全戦全勝(^-^)凄い
準優勝、正木 義則さん❕準々優勝は、藤尾 正由さんでした。
12006347_717496608380440_4566695636422687839_n
12046604_717496621713772_684088440636819689_n
12049588_717982804998487_170592054339502227_n

また、ダンゴ釣り名人の工藤昇司名人御一行も訪れられたようです。
12027572_718306058299495_7718952239348941782_n
相変わらずのチヌ釣りの鬼っぷり(-。-;)

愛しの松一社長は良型真鯛を両手に~♪
12002902_717473485049419_7871030415949929049_n

このサイトつくってたんで、シルバーウィークは一切釣り出来んかった(-。-;)

2014 マルキユー M-1CUP 全国グレ釣り選手権大会 小松選手制す!

14-3

2014年11月29、30日に愛媛県宇和島の日振島にて開催された、マルキューM1CAPグレ。
地区予選を勝ち抜いた二十七選手(シード含む)が参加し、グレ九匹までの総重量を競った。

荒天となった二十九日は湾内の磯やく島の防波堤などで争われ、一回戦、二回戦を勝ち抜いた六名が翌日の準決勝にコマを進めた。

 三十日の準決勝では、「大崎の地の地」では広島の雄・柳生和生選手、小松和伸選手、北条公哉選手が対戦。柳生選手と小松選手は、師弟対決となった。

前半、真ん中に入った小松選手が、40m以上沖を大遠投で攻め45センチオーバーを含む良型を仕留め勝ちぬけた。師匠の柳生選手は潮回り、風にも恵まれなかった。

本島「才蔵の奥の奥」で行われた決勝は、後半に良型グレを入れ掛かりさせた小松和伸選手(広島市)が4885グラムと、2480グラムの宮原浩選手(唐津市)を大差で破り、見事優勝した。3位には前年優勝の羽原由造選手(福山市)が入った。

釣りガールみさきの今日も釣りがあるの☆ TAKE2 2013.10

みなさんこんにちは!釣りガールみさきです。長い長い夏がやっと終わって、過ごしやすい季節になりましたね。

本誌が発行される頃には少し肌寒いくらいかな?なんと言っても「釣り日和」ですよね!暑さに負けて釣りに行けてなかった方は、待ちに待ったといった感じでしょう。
もちろん私もこの季節を待ってました!秋はチヌ釣りの最高のシーズンだもん!ということで、10月6日、早速チヌを狙って釣りに行ってきました!

今回選んだフィールドは香川県の小豆島。聞いた話によると、チヌはぽろぽろ釣れてはいるものの、エサ盗りが多くてかなり難しいとのこと。お世話になったまこと渡船さんのおすすめで、とある波止へと渡してもらいました。
1

この波止は沖は水深4mほどとわりと浅め。手前になるにつれて5~6mと落ち込んでいます。
内向きでも外向きでもどちらでもチヌが釣れるみたいなのですが、外向きのほうが型が出るそうなので、一緒に降りたお父さんと、友人の阿部さんと私、3人で外向きを狙ってみることにしました。

この日は朝のうちが満ち潮で波止の先端から右沖へと潮が出ています。まずはその潮に乗せて狙ってみることに。風が強く吹いているので、仕掛けは重ために釣研「ネリエちぬ5B」を使った半遊動仕掛けで、きっちり底を取っていきます。手前の深くなっているところにチヌが溜まっているだろうというのが私の考え。

その中でも、ポツポツ入っているシモリを狙い目として、それに合わせてマキエをいれて仕掛けを投入。第一投目、ウキがモゾモゾしたかと思えば、あっと言う間にサシエを盗られてしまいました。聞いていた通り、エサ盗りはかなり居るみたいです。数投目、今度はウキがスパっと消えていきました。すかさずアワセを入れると、何やら小さな魚がコンコン!上がってきたのは「あ!チヌだー!」。だけど。

20センチほどの手の平サイズ。この後も手の平チヌがいくらでも釣れてきます。ひどい時には一投一匹のペースで、小チヌのオンパレード♪正にエサ盗りチヌといった感じ。

このままではいけない!なんとしてでも40センチアップのチヌを釣ってみせるぞ!ガン玉の一を変えてみたり、サシエをいろいろとローテーションしてみたり、マキエを打つ位置を工夫してみたり、様々なことを試してみます。そしてウキがスーっと消えていき、あわせると…ドシ!とした重量感。

今までの小チヌとは全く違い、ゴンゴンとチヌ独特の頭を振る引きが竿から手元まで伝わってきます。海面に姿を現したのは43センチの立派なチヌ!やったー!何十匹もの小チヌの中から、ようやく納得サイズのチヌを釣り上げることができました。
misaki

お昼を過ぎて満ちから引きに潮が変わると、右沖へ出ていた潮が左へと流れはじめました。あともう一枚くらいは良型を追加したいところ。相変わらず小チヌは多く、それにアジやフグも活発に動いているので、ネリエをメインに狙っていくことに。小さなアタリは無視して、確実なアタリだけを拾っていきます。それでもエサ盗りに苦戦され続け、そろそろ納竿の時間。

あと数投しかできないなぁなんて思っていると、ウキがモゾモゾしては浮いてきて、またモゾモゾして、何やら怪しい動きをしています。エサ盗りならそろそろサシエを盗られているはず。

でも、最後にウキが完全に消えていきました。じっと待ってラインが走るのを確認したところでアワセ!これまたかなりの重量感で、足元へと凄いパワーで突っ込んでいきます。

シモリもいくつか入っているので、丁寧にやり取りをして、やっとのことで上がってきたのは、さっきのチヌよりももう少しサイズアップして、45センチ!この一匹で納竿としました。
2

3

今回、小さなチヌが多かったけれど、チヌの活性自体はかなり高いなぁと感じました。秋シーズン本番になれば、チヌのサイズもさらに上がって、これからが楽しみな季節ですね☆

ライトゲーム博士TAKETOのチニンガーZ 坪江英実 チヌパラ 2013/10

チヌは本当にいろんな釣り方で釣れる魚で、最近ではルアーで釣る「チニング」がちょっとしたブームになっています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

▼チニングメモ①
チヌはルアーでもいつでも釣れますが特に狙いめが満潮からの下げです。
夕マヅメが終わった直後くらいからゲームスタートが理想です!

▼チニングメモ②
チニングをしているとシーバスもかかる!
その事も頭にいれて行動しよう! 先日、同行の友人にヒット!ロッドが満月に曲がり、見るからに大きそう…が、ジャンプ一発でバラシました、残念。
結局、かかっていたのはチヌでなく、シーバスでした。

▼ベイトリールで釣るチニングについて

ベイトタックルで軽いルアーを投げて釣るのがルアー界ではちょっとしたブームになっています。
キャストが楽しい、巻いてアタリがとるのが楽、などいい点もありますが、ベイトフィネスは淡水用、ですので、ノーメンテだと、リールが痛んでダメになります。しっかりメンテナンスしてあげて下さい。

TAKETO’S Tackle

チヌボンボン3.5gとガルプ! サンドワーム2インチ

 

ロッド VKC-692XUL/BFS

 

リール アルデバランBFS 左巻き

 

ライン リバージフロロリミテッド 7ポンド

 

釣りガールみさきの今日も釣りがあるの☆山口美咲 チヌパラ 2013/09

チヌパラダイスをご覧のみなさま、はじめまして!「釣りガールみさき」こと山口美咲です。
misa0
10歳の頃から毎週のように海に通い続けて早くも丸8年!今年で9年目に突入しました!「釣りを楽しむ、自然を味わう」どれだけ海へ行っても釣りの魅力にますますのめり込んでいる私です。

 そんな私にとって釣りは正に人生そのもの!

中でもチヌのフカセ釣りは、私の釣り人生の原点なのです。
ということで、今回チヌパラ初の私、今までのチヌ釣りについてお話しさせていただこうと思います!
私が釣りを始めたのは釣り好きのお父さんの影響でした。家族で旅行へ行くのは必ず海のあるところ。週末には朝早くから海へ出掛けて居なくなっているお父さん。前日のマキエを練る光景は、小さな私にも見慣れたものでした。

お父さんっ子だった私は一緒になって海へ行っては、フグやベラ、カサゴを釣っては喜んでいたのですが、ある日、岡山の宇野沖にある家島で釣りをしていた時のこと、人生で初めて40センチのチヌを釣ったのです!
今となっては40センチなんてビックリするような大物ではないけれど、当時の30センチ前後のチヌしか釣ったことのなかった私にとっては、強い引きも、海面に現れたチヌの姿もとても感動的なものでした。

 そしてその翌週、今度は50センチの年無しチヌを釣ってしまったのです!

その時小学5年生だった私は、あまりの引きの強さに両手で竿をグッと持っているのが精一杯だったのを今でも覚えています。この一匹で私の頭の中は一気に釣り一色になってしまいました。

本格的に毎週のように海へ通い始めて一年目、実は年間一桁ほどしかチヌを釣ることができませんでした。そんな私の横でお父さんはチヌを釣っていき、内心すごく悔しかったです。

だけど、釣れない理由は簡単。私はチヌがいないところばかりに仕掛けを入れていたのです。海面ばかり見て、海中よ様子や地形なんかは全く考えていませんでした。

二年目からはちゃんと考えながら釣りをするようになりました。当たり前のことだけど、これが私にとって最初の大きな成長でした。考えれば考えるほど釣果は上がっていく一方、考えても考えても納得できる答えが見つかることはほとんどありません。

misa

自分の相手は自然や生き物。仕掛けを入れる度に、全く同じ状況なんて有り得ないんですよね。これって、釣りのすごく面白いところだと思いませんか?

ようやく「チヌ釣り」というものをわかり始めた私。岡山ばかりで釣りをしていたのですが、中四国を中心に、いろんな海へと遠征するようになりました。その中でも愛媛の海にはとても驚かされました。
午後3時を過ぎた頃、決まって姿を現す50センチを軽く超えるチヌの群れ。中には60センチもあるようなのも混ざっていて…。

なんとしても取ってやると通い詰めた結果、今でも私の最高記録となっている57センチのチヌを釣ることができました!

もう一ヶ所、私の中で印象の強いフィールドが広島の海。岡山の何倍もチヌの数の多くて、隣の海でも全然違う世界でした。チヌの多さと共にその他の魚も多くて、エサ盗りをかわすのが大変だなぁなんて思っていました。こういったフィールドによって狙い方や狙うチヌ自体も違うということ、私にとってのチヌ釣りがどんどん奥の深いものになっていきました。

そして最後に、私をさらにチヌ釣りの虜にしているのが大会です。決められた時間でいかに釣果をものにできるか。もちろん運も大切だけど、どのポイントに入っても大丈夫なように何度も通って下見をしておく事、どんな状況でも対応できる引き出しをたくさん持っておくこと、地合を逃さない手返しの早さ。

どれ一つ、私に満たされているものはありません。正に今、修行中なのです!

今後の目標は60センチのチヌを釣ること、メーカー主催の大会で、地区予選を通過して全国大会に出場すること、そして釣りガールをもっと増やすこと!これから釣りについてや釣行記など、色々、書かせていただこうと思ってます!

よろしくお願いします♪