キザクラさんからニューアイテム IDR Dear G CORESSA! コレッサ 新登場

IDR Dear G CORESSA! コレッサ 新登場
coressa_1

基本はDear Gの原型を継承しつつ、遠投性を増した。
00で14.3gあり飛距離が出させる。※既存モデルが11gくらい。

グレ釣りでエサ取りが多く狙いが沖目になった時など、
あきらかにDear Gで克服できない距離をカバーできる。

厳しいな~こんな時にはなにがいいんだ~??
「これっさ~」
という伊万里弁からネーミングしたそうです( ´艸`)

11月初旬に店頭に並ぶそうです!

Pimage_nami

キザクラチャンネルで絶賛上映中♪

ウキのキザクラフェイスブックページ ↓いいねして情報収集☆

釣りガールみさきの今日も釣りがあるの☆TAKE24 「報知グレ釣り選手権大会」~グレ釣りの秋~

みなさんこんにちは、釣りガールみさきです!

misa

まず始めにジャパンカップ四国B大会。徳島県の牟岐大島が会場なのですが、びっくりするくらいグレが釣れないんです!!ハリスや針のサイズをどんどん落として、キーパーの25センチを拾っていくという釣り。ぽろぽろアタリはあるものの、ギリギリキーパーに満たないサイズばかり。

結局1つだけキープして検量へ。なんと私たちの船、25センチを2つ取っていた方がセミファイナルへの切符を手にしたのです!!さらに他の2船では検量ゼロという…。

いきなり激渋なスタートを切ったわけですが、その翌週には愛媛県の日振島でプライベート釣行を楽しんできました♪
小型から中型サイズが多かったものの、尾長や口太の数釣りを楽しみました。

そしてその次に行ったのは岡山県の牛窓沖にあるテトラ。月末に行われる報知グレの練習です!試合と同じように40分ハーフで釣り座交代しての80分勝負。マキエのリズムやグレのタイミング、実際に試合が行われる海とは違うものの、とてもいい練習になりました。
2

そして迎えた「報知グレ釣り選手権大会」。

二日間かけて行われるこの大会。初日に予選リーグと二回戦、二日目に準決勝、決勝、名人先が行われます。クジを引いて予選リーグの組み合わせがきまります。4人で一組なのですが、私の初戦の相手、なんと小松元名人!!この時点で心が折れそうになりました(笑)そして残る二人は関西の方たち。

この大会、本当にレベルの高い大会だから、誰と当たっても強豪しかいないんです。

こうなったら当たって砕けろ!初戦に挑んだのです!!私たちはテトラでの試合、試合開始のホイッスルと共に、みんなの真剣なオーラが物凄く伝わってきます。もちろん私も真剣!一生懸命やってると、あっという間に試合が終了してしまいました。20センチ以上15匹の重量、なんとか数は揃えたけれど、小松さんのライブウェルに入ってるグレは全てサイズが揃ってるんです!!もちろん大差で負けてしまいました。

そして2試合目もあっさり負けてしまい、もう悔しさMAX!

いよいよ最終戦です。もう2回戦に上がれないのは決まっていても、全敗だけは避けたいんです!

今まで若干がむしゃら感のあった私でしたが、3試合目は急に冷静になり、ひとつひとつ丁寧に、貴重な一匹を取る釣りにしていきました。そして試合が終わってみると余裕の勝利。

きっと勝つ人はしっかり練習した上で、80分の限られた時間のなかでも余裕をもって釣りしてるんだろうなぁと感じました。

負けて勉強することがたくさんあるっていうのは、トーナメントの魅力ですよね!夜はみんなで宴会。

試合中のピリピリした雰囲気は全く、楽しくお酒を飲みます。

ホテルに戻ってからも仲間と一緒に遅くまで部屋で釣り談義。心を許す仲間と、本当に悔しい気持ちをぶつけ合いました。

そして二日目。私は試合の観戦にいきました。普段なかなか見ることのできない名人たちの釣り。本当に勉強になるんです。準決勝、決勝を終え、優勝は鰰澤さん。
3

そして柳生名人との名人戦。

早い段階から決定的な魚を取った柳生さん、そしてそれをどんどん追い上げていく鰰澤さん。

そして検量の時。柳生さんの名人防衛!!これで8期目の名人位となった柳生さん、本当におめでとうございます!!これだけ凄腕の名手が集まる中で、8期も名人をするってあり得ないくらい凄いこと。
4

5
柳生名人は、みんなの憧れです!

今年もたくさんのことを学べた報知グレ、来年は練習の回数を増やしていこうと思います。
そして少しずつ、上の試合に上がっていけるよう、また一年かけて勉強していきます!!

釣りガールみさきの今日も釣りがあるの☆TAKE23 M-1cup境水道予選~

みなさんこんにちは、釣りガールみさきです!

16277

ようやく暑い夏も終わり、釣り中過ごしやすい季節になりましたね。

 

朝晩はとっても冷え込むので、みなさん風邪には十分に気をつけてくださいね♪しかし、私たちが秋を感じているなか、魚たちはまだまだ夏のようで、水温が下がるにはもう少し時間がかかりそうですね。

そんなまだまだ夏の海にもたくさん釣りに行ってきました。8月30日、島根県の境水道へ!M-1cup境水道予選に参加してきました。この大会は好きな釣り場へ行き、制限時間までに帰ってくるというもの。

 

16276
↑今回チョイスした集魚剤です♡

境水道といえば、大きなチヌが釣れることで有名ですよね!

とっても楽しみにしていた予選会でした。

 

受け付けを済ませ、前日知り合いに聞いたおすすめのポイントへと向かいました。普段瀬戸内や四国で釣りをしている私にとって山陰の海ってすごい不思議で、干満差がほとんど無いんですよね!だけど潮の流れとかはしっかりあるし…、謎です(笑)さっそく釣り開始!

湾のようになっていて、潮はゆっくり動く程度。雰囲気は悪くありません。

すぐ横には他の選手も竿を出していて、7人ほど並んで竿を出している状態。

1投目、いきなりサシエを取られてしまいました。

エサ盗りがかなりいるみたいです。

 

沖に向かって出ていく潮に乗せていき、ウキが一気に消えていったかと思うと、釣れたのは10センチほどのチャリコ。

 

この子がたくさんいるようです。他の選手もキツいエサ盗りに苦戦している様子。

 

そんな中、一人が大きく竿を曲げました!「そんなに大きくないよ~」そう言って、35センチほどのチヌをゲット!!

 

これはチヌが寄ったかな??

 

そんな期待をしていると、私にもアタリが!

 

だけど、スルスルと簡単に上がってきたのはチヌはチヌでも手のひらサイズの子チヌ。

 

君じゃないんだよ~。

 

リリースしてサイズアップを狙います。そしてまたまたヒット!今度こそ…またも軽々と上がってきます。

少しはサイズアップしたものの、検量には出せないほどの子チヌちゃん。

 

こうなったら、場所を変えよう!!

時間も残りわずかとなっていたので、思いきって場所を変えてみました。

 

大量にマキエを入れて、一気に魚を寄せます。

 

すぐに釣れると思いきや、そう簡単にはいかず、時間ばかりが過ぎていきます。

 

そして、納竿時間ギリギリのところで、子チヌが連発。そして一緒に釣っていたメンバーは30センチほどのキーパーサイズをゲット!これからが勝負ってところでタイムオーバー。

 

私は子チヌの日となってしまいました。検量の様子を見ていると、大きなチヌがたくさん上がっていました。

16278

優勝はなんと5匹で10キロ超え!!すごくないですか!?

 

大きいチヌはちゃんといたんですね~

後日、境水道の悔しさを晴らすため、広島県のしまなみにチヌを釣りにいきました。

16280

実はこの釣行の1週間ほど前に、50センチオーバーのチヌが釣れたとの情報が入り、さっそく向かったわけですが…。

 

子チヌパラダイス(笑)

16279

最近の私は子チヌに呪われているようです(笑)早く大きなチヌが釣りたいなぁ~♪

16321

釣りガールみさきの今日も釣りがあるの☆TAKE22 三宅渡船で宇野沖豊島へチヌフカセ釣り

チヌパラダイスシーズン20 2015.10掲載
チヌパラfainal2

 今回は私が担当している三宅渡船さんにお世話になりました。チヌフェスティバルというのは期間中、波止などの人工的な釣り場で一番大きなチヌを釣った人が10月4日に広島で行われる決勝大会に出場できるというもの。

 今回はチームのみんなでひとつの枠を狙いに行ってきました。宇野沖は比較的に良いサイズのチヌが釣れるフィールド。

 その中で今回選んだのは豊島。小豆島のすぐ近くにある島で、人も住んでいる結構大きな島。カラト港というところへ行き、私は地続きになった波止へと上がりました。

 波止の先端へと釣り座を構えて、船の通る深くなったところを攻めていきます。この季節、エサ盗りがキツいかなぁ~と思ったら、普通にサシエが残って返ってきます。

 タナを調整しながら狙っていくと、早速スーっと入っていくウキ。手の平サイズのチヌをゲットしました!もしかして今日は爆釣かな~!?

でも、そんなことを思っていたのは最初だけ。

 その後、辛抱の時間が続いてしまいました。そうしていると波止の外側がなにやら釣れそうな潮の動き。釣り座を少し移動して沖に向かって出ていく潮に引かれる潮を狙ってみます。

 仕掛けが馴染んで安定したところでモゾモゾと沈んでいくウキ。もしかして前アタリかなぁ?そして一気に消えていったウキ、それと同時にラインがスッと走っていきました。

DSC_1255
 ヒット~!!久しぶりのアタリにテンション上がっちゃうけど、慎重にやり取りしていきます。そして上がってきたのは43センチのチヌ。その後もそんなに大きくはないものの、チヌがぽろぽろ釣れ続け納竿時間となりました。

そして港に戻ると他の波止に降りていたメンバーがなんと52センチのチヌを釣ってました!さっそくエントリー。8月中にこれ以上大きなチヌが出なければ決勝大会に行けるのです。結果はどうなったでしょうか~♪

マルキューチヌフェスティバル決勝大会 >> 結果はコチラ <<

大きなチヌが釣りたくて高知県の宿毛湾へ

チヌパラfainal3
8月15日のお盆休み真っ只中には、大きなチヌが釣りたくて高知県の宿毛湾へと行ってきました。

この日は赤潮の影響で海がものすごい色をしていたのですが、宿毛の海はそんなの関係ないようです(笑)
最初に入った沖ポイントではこの日の最長寸となる52センチのチヌをゲット!

その後に入った湾奥のポイントでも50センチ級のチヌがたくさん釣れて、結局25枚ものチヌを釣ることができました。
真夏の暑い季節でも、これだけ釣れるなら釣りに出かけちゃますよね!とっても楽しい釣行となりました。

釣りガールみさきの今日も釣りがあるの☆TAKE21 日振グレフカセ釣行

チヌパラシーズン19 2015.8掲載
21-1

そして今回は和歌山県からゲストをお迎えしているので、絶対に楽しんで帰ってもらいたいところ。
21-221-7

 こうなったら船長にお任せしてポイントを決めてもらいます。

才蔵の奥の奥へと降りることになりました。普段は取材なんかでもよく使う、安定して釣果の上がるいいポイントです。

 ただ、今日はわからないと船長。とりあえずやってみるしかありません!足元にマキエを撒くと一気に木っ葉グレが寄ってきました。沖にマキエを入れる前から仕掛け入れるとさっそく木っ葉が掛かってきます。

これは厄介だ~。潮もとろとろと動いていて、さらに厄介なことに、子アジが寄ってきました。小さなアタリを取ってしまうと、10センチもないようなアジがたくさん釣れてきます。

さて、どうする。

 悩んでいると怪しげな潮目が現れました。足元に子魚を集めて潮目に仕掛けを投入。

 すると、ビュンっとラインを持っていくいいアタリ!そんなに大きくはないものの、今までの手のひらサイズよりは大きそうです。そして上がってきたのは32センチほどの口太グレ。
21-5

 決して良型ではないけれど、この状況の中では価値ある一匹です!そして気付けば前半戦終了の時間。日中の釣りは木っ葉グレで終わってしまいました。

そして後半戦です!

 今回はここからがスタート。横島の北中へとポイントを移動しました。初めて降りるポイントです。夕方は尾長狙いなので、竿も仕掛けも一回り太くして挑みます☆

 足元にエサを撒きながら様子をみていきます。たくさんはいないものの、エサ盗りの下でマキエを拾う尾長グレの姿が見えます。

 このグレがもっとスイッチが入ってくれるのを待ちながら、まずは沖を攻めていきます。

 ここでも木っ葉グレが釣れてくる中、一瞬でウキが消えたかと思うと、上がってきたのはイサキ。

 40センチほどのナイスサイズがポロポロと釣れてきます。そうこうしているうちに、足元の尾長の数も段々と増えてきて、そして縦の動きを始めました。完全にスイッチオン!の状態です。足元に狙いを集中。

 いかにサシエを食わせるか魚との勝負♥まずはマキエを撒いて、どの方向からグレが出てきているのかを確認します。魚の向きに合わせて仕掛けを入れていくと…

bachin

 あっという間に切られてしまいました。気を取り直してもう一度、ハリスを少し太くして次のアタリに備えます。
 そしてまたまたギュイーン!今度は取るぞー☆と耐えていると、50センチほどの尾長がチラリ。

 そして一気に突っ込まれチモト切れ。悔しい~!そんなことをしていると、どんどん日は沈み始め、そしてまたヒット♪

 すんなり上がってきたように思えたけれど、口太グレの45センチ。立派なサイズです。
21-6

21-4

尾長がどれだけ強烈かを思い知らされました。

 そして納竿の時間です。今回も大型尾長は夢に終わってしまいましたが、あの強い引きにさらに夢は膨らんで、とっても楽しい一日となりました♪

これだけ釣りしても、まだ足りないなって思いました(笑)
次は巨大尾長ゲットだぜ~♪

釣りガールみさきの今日も釣りがあるの☆TAKE20 マルキュー主催「M-1CAP」予選大会に参加

チヌパラダイスシーズン18 2015.7掲載
cp18

たくさんある大会の中でもメーカー主催の全国大会に繋がる予選会は私もかなり気合いを入れてます!

だって、全国大会に行きたいんだもん!!ということで、今回はマルキュー主催「M-1CAP」の予選大会に参加した時の模様をお伝えしようと思います♪

cp18-2

今年最初の予選会は愛媛県の日振島一帯で行われた四国予選でした。朝から175名の参加者が集まり順番にクジを引いていきます。私は、ムラコシ1番という独立磯にいきました。初めて降りるポイントです。足元にはスズメダイがたくさん。潮はゆっくり動いているものの、グレが釣れるような潮ではありません。とりあえず手前にマキエを撒いて様子を見てみます。

スズメダイの大群の下には数匹グレが見えるものの、キープサイズあるかないかくらいのサイズだし、、マキエを撒いてもスズメダイの上に出てくることはほとんどありません。手前は諦めて遠投して狙ってみます。かなり遠投をかけてみても、一瞬でサシエを盗られてしまいました。沖までビッシリエサ盗りだらけのようです。

すると突然スーっと、目の前に一本潮筋が。これだ~!と仕掛けを入れてマキエを被せ、仕掛けが馴染むとすぐにアタリ!ラインが一気に走っていきました。きたー♪けど小さいなぁ。ギリギリキープサイズのグレをゲット。次はサイズアップ!なんて思っていると潮は完全になくなっていて、グレの代わりに一気にウキを引っ張っていく魚が。その正体は…アジ!仕掛けが馴染む前からサシエを引いて、それもどんなに手前に集めてもすぐに沖まで出ていってしまいます。

ちょうど見回りの船が来て磯を替わることに。次に降りたのは14番。先端から沖に向かってガンガン潮が出ています。足元にマキエを入れて見るとカワハギや大きなコブダイ、それに尾長らしき魚が活発にエサを拾っています。本流に仕掛けを馴染ませみると、バチバチっとあたってきたのはイサキ。足元に見えるグレは仕掛けを合わせても口を使ってくれません。引かれ潮にウキにオモリを打って沈ませ、少しラインを張って本流との壁で待ってみます。

すると、ラインをスッと持っていくアタリ。すかさずアワセを入れると、さっきのイサキの引きとは違う、重みのある引き。慎重にやり取りして、念願の45センチのグレをゲットしました。
20-2

その後もベールが弾かれるほどの強烈なアタリがあるものの、上がってくるのはイサキばかり。楽しいけど、今日はグレじゃなきゃ嬉しくないよ~!

そんな中、この日一番のアタリ!一気に走って全然止まってくれないんです。ハリスも1.7号だから無理はできないので、ラインを出しながら止めにかかります。かなり走られたものの、ようやく止まってくれました。

あとは少しずつ浮かせにかかります。出しては巻いての繰り返しでかなり格闘して、このままいけば取れる!!そう思った瞬間、プンっと急に軽くなってしまいました。仕掛けをみてみると、ちょうどチモトから切られてました。

尾長だったのかなぁ。悔しい~!けど、エキサイティングなやり取り、本当に燃えました!!結局このままグレを追加することはできず、もちろん大会結果も言うまでもありません。

20-120-3
大会では、色々な方とお会いできるのも楽しみの一つです♡

また来年リベンジです!

釣りガールみさきの今日も釣りがあるの☆TAKE19 第2回JFT磯チヌトーナメント

チヌパラダイスシーズン17 2015.5掲載
19-7
>> 前年は準優勝

今回も昨年同様フィールドは岡山県牛窓沖です。大会前日まで別の試合で和歌山県にいた私は、バタバタとあまり準備の整わないまま、朝の受け付けを済ませ、48番のゼッケンをもらいました。
19-3

12人1組、計4つのブロックから90分の試合を経て各1人づつ準決勝へと勝ち上がります。そして6時、予選リーグスタートです。青島の「カシラ」というポイントに降りました。初めてのポイントで、見た感じ雰囲気はバッチリなのに、釣れない…。

19-8

そしてとんでもないミスをしてしまったのです!前半に優先権のあった私はまず湾の内側に釣り座を決め、後半に外側でいいポイントに入ろうという考え。釣りを初めて90分。試合って何分だったっけ?そろそろ釣り座交代かなぁ~。だけど相手の方は変わる気配なし。「試合って何分でしたっけ??」と聞くと、「12時までじゃないかな~」ということで9時に釣り座を交代。

さぁこれから一気に釣るぞー!!と思っていると、遠く離れた磯で試合をしている別の選手が片付けを始め、二人で「あれ??」そうです。二人して試合時間を勘違いしてしまっていたのです。慌てて私たちもお片付け。結局私はやりたいポイントにも入れず予選敗退。本当に情けない負け方をしてしまいました。
この悔しさはどこにもぶつけられません(笑)

予選敗退組は試合を観戦して今後に向けてのお勉強会です。この日はどこも厳しかったみたいで、3位決定戦以外はチヌは上がらず、じゃんけんで順位がきまりました。そして今回の結果で来年行われる王座の対戦相手が決まりました。来年のJFT磯チヌ、そして王座、気持ちを切り替えてまた来年も頑張りたいと思います!

19-1

 

釣りごろ釣られごろロケ

そしてこの二日後、悔しい気持ちがどうにもならず小豆島へと行ってきました。マルキューインストラクターの石村仁さんと「TSS 釣ごろ釣られごろ」の撮影です。
19-6

船長曰く、小豆島は乗っ込みに入ってたくさんチヌが釣れているとのこと。とりあえず朝は、番組側の希望で波止に入ります。「小海の波止」に行きました。確かに厳しい…。しっかりタナをとりながら丁寧に探ってみるものの、なかなかアタリがありません。サシエもキレイそのままで返ってきます。

私が苦戦していると、離れたところで釣っていた石村さんにヒット!!「チヌ浮いてるかもね~」と石村さん。私も石村さんの横に入り、仕掛けも変えて狙ってみます。仕掛けを浅くすると、まずアタッてきたのがボラ。だけどチヌはいっこうに釣れず、石村さんは潮を見ながら釣り座を移動していき、そしてヒット!!この厳しい状況でもヒットに持ち込む石村さんは、見ていてうっとりします。

そして「こっちおいで!今なら釣れるよ!!」そういう石村さんに横で教えてもらいながら、辛抱の末のヒット~!!待ちに待ったチヌの引きは本当に気持ちいいもの。笑顔が止まりません♪

そして45センチの良型のチヌを釣らせてもらいました。この1匹を最後に、次のポイントへと移動することに。
次はもちろん磯に上がります。良く釣れているという「小部小島の西」というとこに行きました。水深はかなり深いみたいですが、きっと浮いているに違いありません。

ハリスを少し長めにとって、潮の中で仕掛けを張ったり緩めたりしながら上層を狙っていきます。するとさっそくヒット~!!けっこう潮が流れているので、サイズ以上に良くひきます。

そしてまずは手の平ほどの小さなチヌをゲット。続いて40センチ~。さらには石村さんとダブルヒット~!!狙うタナもどんどん浅くなっていき、面白いくらいに釣れてくれます。
19-5

余裕の二桁釣果で納竿時間を迎えました。この日はたまたま他の番組のロケ班も入っていて、そっちのメンバーもたくさん釣れた様子。小豆島のチヌにとっても癒されました☆

釣りガールみさきの今日も釣りがあるの☆TAKE18 岡山県牛窓 チヌ釣り

チヌパラダイスシーズン16 2015.4掲載
cp16NS
4月19日、乗っ込みにはまだ少し早いものの、岡山県の牛窓にチヌを釣りに行ってきました。牛窓沖に行く時はいつもお世話になっている「まこと渡船」さん。

ポイントは船長にお任せして、黒島の「小倉崎」というところに渡礁しました。

昔から牛窓にはよく来ている私ですが、実は黒島に降りるのは初めて。

どんな釣りになるのかワクワク♪さっそく用意にとりかかりました。黒島は全体的に浅いポイントが多いらしいのですが、ここはそんなに浅くはないらしく、とりあえず4.5メートルほどきっちりタナをとる半遊動仕掛けでスタートしてみます。
18-2

DSC_0556今回の釣行は、定番のチヌパワームギに瀬戸内チヌで練り込みました。
まとまりがよく粘りも出るので女性でも楽々遠投もできます。

 

 

 

正面には本流が流れていて、この日が大潮ということもあり、一瞬で遥か彼方へと行ってしまいます。さすがにこの中を釣るわけにはいかないので、この本流に引かれる潮を狙ってみます。かなり手前から仕掛けを入れていき、本流との壁でウキが入って~と勝手な想像は上手いこといかず、いきなり苦戦状態になってしまいました。

横で一緒に釣っていたお父さんと「釣れないね」そんな会話をしながらだんだん無口に(笑)というのも、ここ最近、牛窓では良くチヌが釣れているとの情報を聞いていたので、最初の一匹は簡単に釣れるだろうという甘い考えの中の釣行だったのです。

このままではまずい!!少しタナを深くして、針も軽いものに変えてみました。そして引かれ潮がどんどんキツくなってきたので、さらにその引かれ潮を狙ってみることに。仕掛けを入れる度に流れる方向は変わってしまうものの、ジワーっと流れる感じはまさにこの時期のチヌ釣りには最高の潮。これは釣れるでしょ~!!そしてウキがモゾモゾ…。

50センチほどウキが入ったところで止まってしまいました。もたれてるのかなぁ?アタリなのかなぁ?とりあえずアワセてみたけれど、そのまま仕掛けが上がってきます。だけどよく見ると、ハリスの針上すぐのとことがヨレヨレっとなっていて、チヌが噛んだ跡がついていました。

もう一度仕掛けを入れ直してみると、また同じようにウキが少しだけ入って止まります。サシエを動かしてしまわないように、ラインを少し緩めて、今度はひたすら待ってみます。

すると、ラインがスーっと引っ張られていきました。やっと来たー!!手元に伝わってくるゴンゴンっというチヌ独特の引き。待ちに待ったヒットだけに嬉しさも倍増。

40センチのチヌをゲットしました!
18-3

感覚さえ掴んでしまえばこっちのもの。同じパターンでどんどんチヌを釣っていきます。待っていればラインを引っ張っていくアタリもあれば、どれだけ待っても走らないので、アワセみると皮一枚で掛かって上がってきたりと、アタリは多いものの喰いはとっても渋い釣りになりました。

手前がシモリだらけで何度かバラシもあり、それでも終わってみると8枚のチヌを、お父さんの釣ったのを合わせると二人で13枚のチヌを釣ることができました。これから乗っ込み最盛期に入ると、チヌも浮いてきて、さらに楽しい釣りになるんだろうなぁ~♪待ち通しい~!!
18-4

釣りガールみさきの今日も釣りがあるの☆TAKE17 宿毛のチヌ釣りシーズン開幕をお知らせするチヌ開き

チヌパラシーズン15 2015.3掲載
17-1

17-2それは…私もけっこう通っている高知県の「宿毛湾」。メーカーの大会なんかもたくさん開催されるようになり、すっかり有名になりましたよね。

2月の14日15日の二日間、宿毛のチヌ釣りシーズン開幕をお知らせするチヌ開きが行われました。中西さん、岩成さん、富増さん、村上さん、久野さん、私の6人で、マッスルチヌに挑んできました!!

 

初日、宿毛のチヌは夕方がメインになってくるので、朝はゆっくりと7時に港に集合しました。今回はいくつかの取材を同時に行ったので、動画を撮ったり写真を撮ったり朝からバタバタ。

船に乗るころにはすっかり日も昇っていました。まずは広いポイントにメンバー全員で降ります。じゃんけんで勝った人から順番に右から釣り座に入り、私は一番湾の奥に入ることに。

 浅くてシモリがたくさん入っています。手前に大きなシモリ、沖にも大きなシモリ。その間を流すしかなさそうです。潮が安定せず、あまりいい状況とは言えません。

みんな真剣に釣ってるものの、沈黙の時間が続きます。そんな中、湾に向かって素直な潮が流れ始め、いきなりラインを持っていく大きなアタリ!!手応え的にはそんなに大きくはなさそうだけど、とても元気で良く引きます!

17-4

17-5

上がってきたのは40センチほどのチヌ。普段ならまぁまぁのサイズだけど、宿毛では不満なサイズ。もちろん狙うは50センチオーバーのマッスルチヌ☆

 実は今回、ノルマが設定されていて、それは50センチオーバーを1枚でも釣るというもの。横でこの大きなチヌを見ると、一気に期待が膨らみます。次は私の番かなぁ~♪そして、よそ見をしていた私の竿が一気に引ったくられました!

そのままものすごい勢いで走っていきます。

止まらないよ~!!シモリの沖で掛けているのでそのまま沖へと走らせて、シモリの切れている方へと誘導。少しずつ手前に寄せてきて、今度は浮かせにかかりたいのですが、全く底を切らないんです。

 まるでマダイのように底にビッタリ。チヌを右へ左へ頭を動かしながらやっとのことで浮いてきたチヌは丸々としたビッグサイズ!! これはノルマ達成でしょ!測ってみると50.5センチ。やった~!肉厚で体高があって、サイズよりも大きく見えます。それにしてもさすが宿毛のチヌ。本当にパワフルな引きでした。このあと40センチ級のチヌを追加。そんなに数は釣れなかったものの、ノルマも達成できて無事初日を終えることができました。
17-3

 そして二日目も40センチほどのチヌをゲット!そして続けて2枚追加。この時期にこの釣果、そしてマッスルチヌのパワフルな引き。宿毛のチヌ釣りを十分に楽しむことができました。

釣りガールみさきの今日も釣りがあるの☆TAKE16 愛媛県の御五神島へグレ釣り

チヌパラシーズン14 2015.2掲載

16-1

1月3日、愛媛県の御五神島へグレ釣りに行きました。グレを釣るのは日振島や中泊、そして御五神島がメインなんだけど、その中でも御五神島は私がまだ小学生の時に始めてグレ釣りにきたフィールド。

それ以来たくさん通って、年始めのグレ釣りは御五神島って決めてるんです。御五神島での初釣りでは、とっても綺麗な二重の虹に遭遇したり、お父さんが55センチのグレを釣ったり…。今回はどんなステキな釣りなるのかなぁ~。いろんな期待を膨らませ、船に乗り込みました。

沖へと向かえば向かうほど、どんどん荒れてくる海、風もかなり強くて降りる磯も限られちゃうな。そんな中、抽選の結果、私たちの船の磯わりにあったのが「ニシキバエ」

16-4

御五神島でも超一級磯のひとつです。だけどここはかなり低い磯で、少しでも荒れていたら降りることができないのです。だけど、どうしても降りたい…。この日はラッキーなことに朝が満潮であとは下げていくだけ。畳半畳ほどのスペースにお父さんと二人降ろしてもらいました。

ニシキは小さな独立磯なので、360度どの方向でも釣りができます。とっても狭くて横に並ぶことはできないので、背中合わせで表と裏に釣り座を構えました。まず仕掛けの用意です。寒波の影響でそんなに活性は高くないかなぁと思い、まずは竿一本ほどのタナを狙っていくことに。潮は左に流れるのがメインなものの、フラフラとしていて安定しません。

開始早々、お父さんが40センチアップのグレをゲット!手前に当ててくる潮で食ってきたんだとか。私も続きたいところですが、私にはアタってきません。 だけどエサ盗りは多いみたいで、サシエはほとんど盗られてしまいます。少しタナを浅くしてみると、エサが丸残り。逆に深くしてみると、いきなり竿にゴツン☆

16-3

沖で掛けたのに、一気に足元の根まで戻ってきて、ものすごいパワーでグングン引っ張ります。これはけっこう良いサイズだろうなぁ~。慎重に、だけど強引に浮かせにかかり、玉網に収まったグレは50センチあるかないか際どいところ。今まで49センチのグレはたくさん釣ってきた私。だけど何度釣っても49センチ。なかなか50センチの壁が越えられなかったんです。そしていよいよ測定の時。メジャーを当てると…ジャスト50センチ!やったー☆ついに念願の50センチのグレをゲット。

16-5
嬉しくて笑いが止まりません。さっそく次の1匹を狙うものの、思うようには釣れてくれないもの。沈黙の時間が過ぎていき、気付けば納竿まであと1時間。せっかいいポイントに降ろしてもらったんだから、しっかり楽しんで帰りたいところ。
磯の両脇に沖に出ていく潮が。そしてその潮に引かれていく潮。なんだか釣れそうな予感♪仕掛けを竿1本以上取っていたのを二ヒロまであげて、磯際を狙ってみます。すると、いきなりアタリ☆ウキが一瞬で消えたかと思うと手元までガツン!そんなに重量感はないものの、元気な引きです。そして上がってきたのは35センチほどのグレ。ここから連発タイムに突入。ほぼ1投1尾のペースでグレがヒットしてきます。

なかには尾長グレも混ざり、面白いくらいアタってきます。だけど気付けば納竿の時間。

あと1時間もあればもっと釣れるのになぁ~。残念だけど仕方ありません。それでもやっぱり初釣りはドラマが起きるんですよね!人生初の50センチのグレ。

この1匹のおかけで、とっても素敵な釣行になりました。ちなみにこの日はお父さんも51センチのグレをゲット~グレ釣りって本当におもしろいな☆

16-2

 

釣りガールみさきの今日も釣りがあるの☆TAKE15 宿毛マッスルチヌ

チヌパラシーズン13 2015.1掲載

cp13

この日はとっても寒くて、風は強いし雪は降るしでかなり厳しい天候のなかでの釣り。朝はゆっくり寝てから出発しようと思ったんだけど、やっぱり今年1年のスタートである初釣り。気合いを入れて、朝一で船に乗り込みました。

船長におまかせして、宿毛湾でもかなり内側のポイントにいきました。表向きの磯は海が大荒れなのに対して、ここはほとんど風も当たらず、とても穏やかです。さっそく用意を済ませて釣りスタート!!今年初の釣り、どんな釣りになるのかなぁ~♪このポイントはそんなに深くはなく、少し遠くに仕掛けを入れても5~6メートルといったところ。まずは底よりも少し上、4メートルあたりを中心に狙ってみることに。

マキエを撒いて一投目。仕掛けが馴染んだ瞬間、スーっとウキが消えていき、ラインも走っていきます。いきなり!?アワセると、チヌの引きとは少し違うけど、まぁまぁの手応え。そして上がってきた、今年初のお魚は「キビレ」30センチほどと大きくはないものの、さっそくのヒットでテンションも上がります。

だけどその後もまたキビレがヒット☆あれ?もしかして、今日はキビレの日?少し嫌な予感…。

仕掛けを入れると毎回エサは取られ、エサ盗りの正体はフグ。それに合わせてキビレも釣れてくるし、海の中は賑やかな様子。海水を触ってみてもとっても温かいんです。もしかすると、もうすこし浅いところにいるのかな?半ヒロ仕掛けをあげて狙ってみます。

 するとさっそく反応あり!

一気にウキが消えたかと思うと、ラインの走りと同時に竿にゴツン!

キター!!!

ゴンゴンと竿を叩く独特な引きはチヌに間違いありません。そして、上がってきたのは35センチのチヌ。今年の初チヌゲット~☆そんなに大きくはなくても、初チヌっていうと特別な感じがします。
15-2

そして、続けて2枚目のチヌもゲット☆これも同じようなサイズ。チヌは釣れ始めたんだけど、天気はどんどん悪くなり、雪がたくさん降ってきます。雪に慣れてない私にとってはまるで吹雪。少し釣れない時間があると、寒さがとっても辛く感じるんです。こうなったらひっきりなしに釣ってやろう!
15-3

仕掛けはそのままで、サシエをオキアミや練り餌、ムキエビとローテーションしながら狙っていきます。オキアミへの反応が悪くなったら練り餌に交えて1匹追加。練り餌に飽きてきたら練り餌の色を変えてみて1匹追加。そんなことを繰り返しながら、気付けば45センチ頭に10枚ほどのチヌを釣ることができました。
15+4

さすがは宿毛湾のチヌ。どれもマッスルでサイズ以上の引きの強さで楽しませてくれました。

釣りガールみさきの今日も釣りがあるの☆TAKE14 第44回報知新聞グレ釣り選手権

チヌパラシーズン12 2014.12掲載
14
柳生名人と記念写真♡いつか挑戦したいな☆

そんなグレ釣りシーズン入った10月終わり頃、私が毎年楽しみにしていて、そして私が出場する大会のなかで一番レベルが高いであろう大会、「報知グレ釣り選手権大会」に参加してきました。

二日間行われるこの大会。初日に予選リーグを行い、二日目に決勝トーナメント。
今回で4回目の出場だったのですが、年々トーナメントにも慣れてきて、昨年は予選リーグで三戦二勝一敗。
あと一歩のところで二回戦出場を逃してしまいました。そんな悔しさから、徹底的に用意をして挑んだ今回、グレ釣りの練習からサシエの用意まで、いつもに増して気合い十分☆

 そして、予選リーグがスタートしました。

朝のうちはグレの活性が高く、沖に大きめの波紋が出ていたので、タナを半ヒロぐらいまで浅くして少しでもサイズアップを狙います。

日が昇るに釣れてグレの活性がどんどん下がり、なかなかヒットまで持ち込めなくなりました。

それでも釣れるグレを釣っていく、そんな三試合を終え、気が付けば三戦全勝☆☆☆
なんと私が二回戦に進むことになりました。

二回戦は三人一組で行い、40分で釣り座を移動していきます。
さっきまでとは全く状況が違い、とにかくグレの活性が高いんです。

つまり、木っ葉がすぐにサシエを引っ張っていってしまいます。

マキエワークやサシエのローテーションで良型を狙っていくものの、思うようなグレが釣れません。
結果、対戦相手の二人と大きく差がついての敗北となってしまいました。

釣れない状況でいかにして釣るか、そして釣れる状況でいかに良型を釣るか、その両方を持ち合わせないと次のステージには上がれないんだと感じました。

また一年の目標ができました☆

 この大会は二日目の決勝トーナメントで、普段なかなか見れない名手の釣りを、それも本気のトーナメントでの釣りを間近で見られるのも魅力のひとつなんです。
 じっくり観戦して、来年に活かすんです♪トーナメンターの釣りって本当に無駄がなくてカッコいいんですよね。

私も、もっともっと練習して、女性初の優勝、名人位、すっごく憧れるなぁ~。自分を高めてくれるトーナメント、また来年も頑張ります!

13-5

釣りガールみさきの今日も釣りがあるの☆TAKE13  井島「鞍掛」でフカセ真鯛

チヌパラシーズン11 2014.11 掲載

13-1

さて、9月28日に岡山県の宇野沖に釣りに行ってきました。

ターゲットはチヌ、そしてマダイ! 井島の「鞍掛」というポイントに渡してもらいました。

桟橋と磯と二ヶ所釣り場があり、私は磯に降ろしてもらいました。竿一本先からドーンと深くなっていて、マダイ狙いということで重たい仕掛けで一気に深場を狙っていきます。

本来ならば右沖に見える桟橋に向かって流れる潮が本命潮なのですが、潮の向きが逆に左へと流れ、しかも手前に一気に当ててきて、放っておくとすぐに根掛かりしてしまいます。

とても釣り辛い状況の中、スーっと消えていくウキ。アワセると、小さいけれど魚の手応えが。釣れたのは20センチほどのマダイでした。小さくても本命のマダイが釣れて、とりあえず一安心。

あとはサイズアップしてくれればなぁ。目指すは50センチオーバーです★
相変わらずすごい勢いで当ててくる潮ですが、一瞬だけ素直に横に流れる潮に変わりました。「これはチャンスかも!?」そう思っていると、さっそくウキが消えてラインが走っていきます。

マダイは口が固いのでしっかりアワセを入れてやり取り開始。

かなり重量感のある引きです。怒らせないように優しく手前まで寄せてきて浮かせにかかりますが、なかなか底を切らないのがマダイの特徴。時間を掛けてゆっくりと上がってきたのは大きなマダイ。

ぱっと見た感じでも50センチはありそうなナイスサイズ★測ってみると、53センチ!!

このサイズが釣れれば納得です。しかし、潮は一瞬で終わってしまいこの一匹で納竿としました。

チヌはというと、30センチほどのチヌが数枚釣れて、狙い通りチヌもマダイも両方釣ることができました☆

釣りガールみさきの今日も釣りがあるの☆TAKE12 徳島県「牟岐漁港」でチヌ釣り

チヌパラシーズン10 2014.10 掲載
12
昔だと、岡山の海で10枚もチヌを釣れば「すごい釣果だ!」と言っていたのが、この頃は珍しくない話。チヌが増えたのか、それとも釣り人の技術が上がっているのか、いったいどっちなんでしょうね。

さて9月21日、徳島県の牟岐町にある「牟岐漁港」にチヌを釣りにいってきました。私自身、徳島県の牟岐町にはよく釣りに行っていて、だけど一度波止で釣りをしたとき、全く何も釣れなかったことがあるんです。

そんな私の目に飛び込んできたとある釣り情報誌の記事。牟岐漁港で大きなチヌをたくさん釣ってるではありませんか☆

こんなの見てしまうと、リベンジも兼ねて行ってみるしかありません。というわけでさっそく行ってみました。

港の外側は大きなテトラが入っていて、重たいマキエを持って移動するのは厳しそう。フラットで安全な内側に釣り座を構えました。海の中を覗いてみると、足元は底が綺麗に見えるくらい浅く、小魚たちがたくさんいます。沖にいくほど徐々に深くなっていて、釣り座右側にはテトラ、チヌがいそうな雰囲気でいっぱいです。まずはタナをきっちり取って、底付近を狙っていきます。

ほとんどアタリもなくエサが盗られてしまいます。足元には小さな木っ葉グレやネンブツダイがたくさん。この子たちがエサ盗りのようです。すぐ横釣っていたお父さんがいきなりチヌをヒット!

聞くと、ネリエで釣ったんだとか。私もネリエを付けて狙ってみることに。少し大きめに付けて一気に底に落として狙ってみることに。数十センチウキが沈んでストップ。あとはじっと待ってみます。すると、水中に見えていたウキが消えていきました。これはもしかして~、アワセてみましたが乗りません。同じように仕掛けを入れてまってみます。するとまたまたウキが消えていきました。今度はしっかりラインを持っていくまで待ってからアワセ!

今度はズッシリとした重量感が伝わってきました。水深が浅いので横に勢い良く走っていきます。そして上がってきたのはもちろんチヌ!やった~♪とりあえずー匹ゲット!まだ釣れるかなぁと思ったんだけど、この一匹の次が釣れてくれません。

今度はチヌが着いていそうなテトラの際を狙ってみることに。何となく想像はしてたんだけど、エサ盗りがキツくてサシエが全く通りません。極めつけに木っ葉グレ。マキエをずらしても勢い良くサシエに飛び付いてきて、ウキ引っ張っていってしまいます。テトラ狙いは諦めることに。

どんどん時間が経つにつれて、ものすごい数のボラがマキエに寄ってくるようになりました。それも数十匹と本当に大群なんです!これはきっとチヌが浮いてるかも!?底を狙っていた仕掛けを一気に浅棚狙いに変更。ハリス一ヒロ半で角度をつけながらゆっくりと落としていきます。

すると仕掛けが馴染んですぐにウキがスッと入って、スーっと戻ってきました。ボラが引っ掛かったのかな?なんて思っていると、今度は一気に消えて竿にゴツン!きたー☆相変わらず真横に走っていくので、「もしかしてボラだったりして?」なんて不安になってしまいます。少しずつ寄せてきて、見えてきたのは40センチほどのチヌ。やっぱり浅いタナまで浮いてきていたみたい。狙い通りの一匹ってなんだかすごく嬉しいな♪マキエに浮いてきてるならきっとまだ居るはず!

12-3

次の一匹を狙います。同じように狙ってみると、さっきと同じタイミングでまたウキが消えていきました。今度は少しサイズダウンしちゃったものの、立派なチヌをゲット。お父さんもポロポロとチヌを追加していき、マキエがなくなってしまったので納竿としました。

123

今回もチヌの顔が見れて納得の釣行となりました。
122

釣りガールみさきの今日も釣りがあるの☆TAKE11 お盆休み真っ只中、チヌを狙って高知県の宿毛へ

チヌパラシーズン9 2014.9 掲載

11-0

 さて、8月16日のお盆休み真っ只中、チヌを狙って高知県の宿毛へと行ってきました!宿毛のマッスルチヌとは何度も勝負したことはあるものの真夏に行くのは始めて。聞いた話によると、夏の宿毛はめちゃくちゃ釣れるんだとか。
11-2

 ポイントについてみると、沖はそこそこ水深があるみたいだけど、左右は4メートルほどとかなり浅い様子。

 シモリがゴロゴロ入っていて、チヌもそれ以外の魚たちもたくさんいそうな雰囲気です。さっそく仕掛けの用意に取りかかります。どこのタナで食ってくるかわからないので、軽い仕掛けで上からじっくり探っていこうかなぁと思ったんだけど、どこであたってるか知りたいので、半遊動仕掛けで自分でこまめにタナを調整しながら釣っていくことに。足元にマキエを撒いてみると一気に集まってきた木っ葉&スズメダイ。エサ盗りに苦戦しそうな予感。

足元にたくさんマキエを撒いておいて、沖に入れる仕掛けには1、2投のマキエを合わせてみます。いきなりウキがスーっと消えていきました。釣れたのはグレ。30センチほどのまぁまぁなサイズのグレが釣れました。シモリ際を流すとどうしてもグレがすぐに釣れてきます。だけどチヌも絶対にいるはず!

 マキエをずらしてみたり、仕掛けの入れ方を変えてみたりして狙っていると、ようやく期待通りの重量感のある引きが!!これはチヌでしょ~とやり取りをしていると、何だか色が違う…。上がってきたのは大きなヒブダイ。「あなたじゃないよ~」。
 続いてフエフキダイの子ども。こっちの海はどの魚も本当によく引いて楽しませてくれます。だけど、本命はチヌ!チヌにしか興味ないんです!そしてまたまたヒット~☆

 今度は今までよりも勢いのあるアタリ。今度こそチヌでしょ~!上がってきたのは待ちに待った本命のチヌ。40センチほどで宿毛湾にしてはまだまだ納得サイズではありません。このまま次の1匹といきたいところだったのですが、「場所を変わってみましょー。」という船長のすすめで磯替えをすることに。

 今度のポイントは宿毛湾の湾奥の方にある地磯。このポイントは以前にも降りたことのあるポイントで、比較的1年中釣れるポイントです。さっそく釣り開始。マキエを撒いて仕掛けをいれると、まさかのエサが残って帰ってくる。この時期にこの状況って大丈夫?と、思っていると、スーっと消えていくウキ。とっても軽いんだけど、チヌっぽい引き。上がってきたのはやっぱりチヌ。25センチほどの小さなチヌです。そしてまたヒット!

 これまたミニミニサイズのチヌ。20センチほどのチヌがたくさん釣れてきます。チヌはたくさん居るんだけど、サイズに不満。少し流すラインを変えて狙ってみます。またまたウキが消えていきアワセてみると、今までとは違う重量感!やった~☆少しずつ寄せてきて近づいてきた姿を見ると、40センチは軽く越えるチヌ。ゴロタ浜のようになっているのでそのまま引きずりあげようとグッと引っ張った瞬間、なんと針ハズレ。ウソでしょ~☆

 最後の最後まで手を抜いちゃダメですね。その後はまたミニチヌ釣りになってしまい、納竿時間を迎えました。サイズは小さいにしても、宿毛湾のチヌの魚影の濃さを改めて実感した1日となりました♪

11-1