釣り仕掛け,ガン玉について チヌ釣りテクニック

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`livedoor` not found]
LINEで送る

チヌ釣り仕掛け,ガン玉を打つ位置,ガン玉の必要性
ガン玉を打つ位置、というのは、フカセ釣りをする人にとって、永遠のテーマのような気がしますが…

ガン玉は、ツケエサをチヌの口元まで運んであげるのを手伝う物ですから、チヌが浮いている場合、潮の流れがない場合、水深が浅い場合、基本的に必要はありません。

ヒットポイントとなる地点まで流す間に、サシエサがチヌのタナに届く場合は、ガン玉は無いほうが良い、というのが私の持論です。

では、ガン玉が必要な場合の打ち方として…

まあ、ごく基本的なパターンですが、例えば3Bで沈む負荷力のウキがシブシブになるくらいに打つ場合、3Bのガン玉を1個打つより、落しナマリB、2、3、口ナマリ8というふうに、分散して打ってあげたほうが、より自然に近い状態で仕掛けは沈んでいきます。(図のガン玉が赤いのは分かりやすくするためです)

逆に水深が、10メートル以上あるような場合は、今度は、大きめの落しナマリで一気に中層まで沈めてやって、ハリス部分を探るような仕掛けが、効率的にチヌの居場所を探すことができるでしょう。

このほかに、押してくるような潮の時は針に近いほうのガン玉を大きくしたりします。

これは、仕掛けが手前に寄って、折れ曲がるのを極力防いで、出来るだけまっすぐな状態にするためです。
押してくる潮の速さにもよりますが、落としナマリ2~B ハリスの真ん中~3/4位の位置にBBか3Bを打つとよいでしょう。
竿一本以内の浅い場合は、落としナマリを7~5、下のナマリを2~Bくらいに軽くするといい感じです。浅い場合は全遊動でなく遊動仕掛けで仕掛けが入りすぎるのを防ぎましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`livedoor` not found]
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です