名人に聞け 石丸敏文名人

※2011年1月 ヒロシマスタートライン掲載

石丸敏文名人
磯釣り歴30年。子供のころから川や池でハヤや鯉、鮒を釣っていた。グレックスG1カップ優勝―グレ、第26回G杯争奪全日本がま磯(チヌ)選手権優勝、第25回G杯争奪全日本がま磯(グレ)選手権3位、GFG杯争奪全日本地区対抗選手権 平成19年度GFG杯チヌ優勝、平成20年度同大会2位。ホームグランドは宇和島、年間釣行100回。翔竿会所属

石丸

 2010年12月、広島県呉市川尻町に浮かぶ、チヌ釣りの名島「柏島」で、数々のビッグタイトルを獲得している、がまかつフィールドテスターの石丸敏文名人に実釣を交えながら釣り上達法について、インタビューを行った。

▼まずは、今日の仕掛けについて教えて下さい。
石丸名人「今日は、ウキ00、ハリスに7を二つ打った全遊動仕掛けです。竿はインテッサGⅣ0.8号の5m30センチ、道糸は1.75号、ハリス1.5号、針はチヌ針の2号です。まあ、瀬戸内の磯でチヌを狙う、オーソドックスな仕掛けです。」

▼いざ海に向かって、まずどんなプログラムというか作戦を組み立てるんですか?
石丸名人「ここは、風が真っ向から吹いて厳しいねぇ。見た感じ水深も浅いし…。と、いう感じで今置かれている状況、目視での判断、藻が生えている、沖は潮が流れている、それに引かれる潮が出ている、という事を確認します。この時期なら魚の活性は高くない、だからガンガン流れる流心でなく、引かれ潮やヨレにいるかな?障害物などがあるからこっちかな?という具合にどの辺に魚がいるかを推測します。今日は、あの辺り(海を指さして)でヒットするかな。」
 と、藻の群生している少し沖目の引かれ潮が緩やかに流れるあたりにヒットパターンを想定。言葉通り、しばらくすると石丸名人のロッドを絞り込むアタリ。食べて美味しい32センチクラスの真鯛をゲットした。さらにしばしして、チヌらしき魚をヒット、残念ながら手前の藻の中に入り込んでしまった。

石丸名人「大きいチヌだと案外藻に入っても取れるんだけど、中小型は直ぐに弱って動かなくなっちゃいます。時間かければ取れますが、時間が勿体ないので切っちゃいますね」と無理やり外す。
石丸名人「ここも釣れそうですが、あっちの磯がよさそうですね。風もあたらなさそうだし」と、名人が見つめる先は砂浜を超えた向こう側の磯、けっこう歩くと距離ある感じ。
石丸名人「よしっ、行ってみよう」
と、さっさと荷物をまとめて、あっという間に移動してしまう。石丸名人の釣りはいつもアグレッシブなのだ。思い立ったらすぐに釣り座や位置を変える。判断力、決断力、行動力とにかくスピーディーだ。

その根底にあるものは「釣りは魚が釣れないと楽しくない」という事だと言う。当たり前のことなのだが、我々凡人ではなかなか「行動」にまで出ないのだ。「釣れないなぁ」と呟き、その場で一日を過ごしてしまう事も多い。

 移動した磯は、名人の言う通り全くの風裏で心地よく釣りが出来る。しばし、そこでチヌを狙っていたが、潮が変わった。
石丸名人「あらら、この流れ方はよくないなぁ。うーん・・・よし戻ろうか。」
またたく間に元の磯に戻る。

▼なぜ、この流れはよくないと判断されたのですか?潮流が速かったからですか?

石丸名人「いやいや、潮が速くてもチヌは釣れるんですが、ヨレやタマリも無く、また流れ方に変化が無い流れで、魚にとって居心地が悪るそうだなぁ、と判断しました。魚の気持ちになるとそう思いませんか?」

 最初の磯に舞い戻ってみると、ずいぶん潮も満ちて、風も少し収まって釣りやすくなっていた。朝に攻めていた場所から少し砂浜よりにポイントを設定して、しばらくすると作戦通りにチヌをヒットさせた。やり取りしながら石丸名人「こりゃあ、またあそこの藻に入るなぁ・・・でも残り時間も少ないんで、今度は獲りましょうね」と、藻に入ったチヌを巧みに操り、時間を掛けながらも上手く誘導してタモに収めた。
石丸2

「羽納君はいつも苦労させる(場所を選ぶ)なぁ」と苦笑いの石丸名人。とは言えとても楽しそう。

 石丸名人は、いつも楽しそうに釣りをする。爆釣している時も、宇和島などでまるっきり何のアタリもない時も、トーナメントで真剣に戦っている時も、とにかく楽しそうに見える。「石丸さんにとって釣りとはなんですか?」と問いかけた。
石丸名人「釣りとは・・・。そりゃあ『趣味』です。まるっきりの趣味。決して仕事じゃないよ。」と、あっさりと割り切っている。

 だからこそ、メーカーテスターという立場になっても自分を追い詰めることなく楽しめるのだろう。釣り人にとって、最もシンプルな思考「釣りたい」「魚釣りが好き」という本能的な欲求に、どんな時も突き動かされているように思えた。

▼チヌでは全国制覇も60オーバーも獲りました。次の目標は何ですか?
石丸名人「チヌは日本記録(拓寸70㎝)です。石鯛の60㎝も釣りたいし、グレのトーナメント(がまかつ主催G杯グレ)でも全国優勝したいし、やることはまだまだ沢山あるんよ」と嬉しそうに語ってくれた。目標がある人生は充実するのだと教えられました。

広島 ISO翔竿会 下河内淳一名人

広島 ISO翔竿会 下河内淳一名人

平成20 年第38 回報知グレ釣り選手権優勝、同年サンラインカッ
プグレ全国大会出場、19 年GFG杯全日本地区対抗チヌ釣り選手
権団体部門優勝、18 年同グレ釣り選手権個人3位

 

「意外と簡単イシダイ釣り」

皆さんは釣りの中でも「イシダイ釣りは、とりわけ難しい」と思われている方が殆どだと思います。
ですが実際は意外と簡単で、素人でも大物を手にすることが出来る釣りなのです。

イシダイ釣りは、怒涛さかまく海で岩場にとりつき難しい顔をして竿を出すイメージがありますが、ほとんどの釣り場は意外と安全で近場にもあるのです。

渡船の大型化により夢と思われた男女群島などにも女性や高齢の方でも釣りに出かける時代が来ています。

「チヌ釣りよりカンタン イシダイ釣り」

瀬戸内海ではチヌ釣りを楽しむ釣人は多くいますが、イシダイ釣りをする人はわずかです。
チヌ釣りは確かに気軽に行けることは一番の理由と思いますが、、もし、イシダイ釣りが難しいと思われているとしたらそれは間違いです。

チヌのフカセ釣りは繊細な仕掛けに高度な撒き餌ワークが必要です。落とし込み釣りでも仕掛けのわずかな動きに集中して防波堤を探る我慢の釣りです。

イシダイ釣りは基本的に海底を探る釣りです。ですからイシダイ・イシガキダイ・クエ釣りなどの釣りを「底物釣り」と言い、釣人を底物師と言うのです。

イシダイ釣りは潮の流れに負けない程度のオモリを海底まで一気に落としこみます。ここが上物と大きな違いです。

又、ポイントも竿の下回りが多く、リールから糸を出すことが出来れば誰にでもイシダイを狙うことが出来るのです。

「ガツン スー スー イシダイ当り」
イシダイ釣りの最大の魅力は、私が思うに「当りから食い込みまで」が一番の楽しい時間です。

イシダイには独特の引きがあります。「三段引き」と言いご存知の方も多いと思います。

まずは口先でエサをガツン、ガツンとつっつく。

次は口先でくわえバックする、そして安全を確認すると一気に逆に走り始めるのです。

ただ全てが「三段引き」のパターンに当てはまらないのが知恵者イシダイなのです。どことなく艶っぽい女性に翻弄される中年男を想像してしまいます。

大物は独特の当りがあります。「チョンチョン、フワフワ、スースー」というような当りです。イシダイは当りで大きさがわかる釣りなのです。

イシダイ師はこの瞬間に心臓が高鳴り手が震えるほどの喜びと、悔しさを感じているのです。

 「近場に大物 イシダイ釣り」
イシダイのポイントは東シナ海に浮かぶ、男女群島、長崎・五島列島、大型クチジロの宝庫・小笠原諸島が有名ですが、意外と近場にもポイントは沢山あります。
広島県呉市の「音戸の瀬戸」、呉市蒲刈町の「三ノ瀬」などは車の行き交う道路サイドからイシダイがつれるのです。近くのオッチャンが潮を見計らってサンダルを履いて気軽にイシダイ釣りを楽しんでいます。

瀬戸内海でも潮が通り海底に岩があればどこにでもイシダイは潜んでいるのです。特に防波堤周辺は最高のポイントといえるでしょう。
「2010年は大物イシダイ当たり年」
2010年、7月に島根県の地磯で80センチを超えるイシダイが釣り上げられました。この記録は本イシ(イシガキダイを除く)としては日本記録でそれが山陰の地磯で出たとの情報に日本中のイシダイ師から驚きの声が上がりました。

遠投イシダイ釣りでの記録達成でしたが、仕掛けを聞くとまさに「大物に的を絞った」すばらしい根性のイシダイ師でした。
山陰地区では今年も60センチオーバーの釣果の情報が多く聞かれています。
日本記録とは行きませんが、私も浪漫を求めてこれからも海に通い詰めようと思っています。

「さあ始めよう イシダイ釣り」
とりとめの無い内容になりましたが、イシダイ釣りのほんの一部をご紹介しました。
読まれた方の中で1人でも多くの方に興味をもっていたたげれば幸いです。
イシダイ釣りを始めたいが「よく分からない?」という方は釣具店で店員さんに相談されるのが一番良いと思います。適切なアドバイスと地元のイシダイ師の方を紹介してくれるでしょう。
レッツ トライ さあ始めよう!イシダイ釣り。