ジャパンフィッシングショー2017|みなとみらい・パシフィコ横浜

1.21、ジャパンフィッシングショー2017|みなとみらい・パシフィコ横浜へ行ってまいりました。


前夜は関東恒例の宴!! 楽しい時間を過ごせました♪


翌日、ゆっくり目に会場入り。もう温まっていましたよ☆

3年前に来た時と比べて、入場者数の推移は知りませんが、なんかざわざわと盛り上がっている感はありました。


早速、シマノブースの大知昭塾長のもとへ。
鱗海スペシャルの08-50と00-530を紹介していただきました♪


そのあと、ロッド紹介のセミナー。

セミナー終了後、会場を一緒に回っていただきました。

全日本釣り選手権大会のブース。


拓寸表彰で、毎年対象魚が変わりますが、内閣総理大臣賞がいただけます。
黒鯛の年もあるので、その年は目指してみようか!!と塾長。

大きなトロフィーがお似合いですね。

キザクラ 大知遠投 60m先のポイントへ投入し、60cmのチヌをかける。

1

60m先のポイントへ投入し、60cmのチヌをかける。

 遠投する事で沖にいるチヌは比較的警戒心が薄く、活性を高めてやればエサ取りに惑わされることなく釣りに集中できます。沖の深場を狙う事で、大型のチヌに会える確立も上がります。

 私がメインで使うのはLL 0シブ。遠投が容易で、基本的にウキは沈めます。風の影響を受けにくく、釣りに集中しやすいからです。
 60の大きな特徴は飛距離と安定感があること。低重心で遠投しやすく飛行姿勢をさらに安定させることができ、必然的に投入時のトラブルが減少します。

 Lは近場向き。風が少ない時、糸抜けを重視したい時に使用します。着水温も小さいので音が気に成るときにおススメ。
 60は使い勝手が良く、様々なコンディションを克服してくれます。私も60で沢山のチヌと出会ってきました。

 自信の一品でチヌを手にするのはあなたです。

2

4

10月3日 江田島マルケン渡船の釣果

4日にチームチヌパラチャンピオン宮家くんに挑戦する坂本さんが気合入れて前釣りです。

11224818_721133238016777_217162201521363256_n
明日の勝負頑張って下さいね~♪

12118857_721133181350116_2872811078657551375_n
米本さんも美味しそうな真鯛をゲット~
12144649_721133221350112_7010017876943169492_n 12144903_721133208016780_268206467338893073_n